課題

課題

アジアの発展、より具体的には、日本人のまたこの市場の航空旅客や社会的な傾向は、今後の世界市場を暗示するものにもなり得ます。

それは、アジア太平洋市場は、航空機発注や座席容量においても、最成長市場であり、強力な経済活動及び人口成長に伴う、巨大な可能性があるからです。

‘人’を中心とした、近未来の客室デザインは、安全,品質、快適性、インターネットなどの接続性、時間や空間といったものに、より高い品質を求める日本の旅客を満足させることが出来るでしょう。ひいては、それは、他のアジアや世界中のどの市場の顧客満足をかなえることが出来るに違いありません。

このような意味から、FUCAM により、最新の客室構造、デザインやシステムをさらに進歩させ、アジア市場に最適の客室製品を開発し、それを促進する基盤となり得ることが出来るでしょう。

FUCAM では、4つの基本要件(衣 食 住 と旅行)を 近未来のアジアに注目した先進的な航空機客室構造とシステムをデザインする上で、重要な4要素ととらえます。これらは、4本柱となり、アジアでの、人生における哲学や様式及び必要不可欠なものを支え及び反映しています。

  • 衣:    いかに身にまとい,それを感じるか。客室の雰囲気や環境は常に、旅の楽しみの要素です。

  • 食:  「人々は、おいしい食事により満たされ、それが得られないと 充たされることができません(("民以食") 。中国の古来のことわざはそのように伝え、アジアの人々にとって、食事というものがいかに重要であるかが伺えます。食事と飲み物は、機内サービスにおいても、品質を支える重要な要素であります。

  • 住:    機内での高品質の居住空間や環境は、アジアの顧客にとって、好ましい機内エンターテインメントシステムや照明,空間、客室気温などにより、機内で過ごす時間を快適なものとするでしょう。

  • 旅行: 単なる‘輸送’という意味も含め、旅行の行程やその間のアクティビティは、心地よいクルーのサービス、雑誌や新聞の種類といったようなものだけでなく、フライトの前後における経験も含まれます。

 

This project has received funding from the European Union’s Horizon 2020 research and innovation programme under grant agreement No 690674.

Sign up for our mailing list

Follow us on:

Go to top