• FUture Cabin for the Asian Market

    アジアの近未来キャビン

    About FUCAM
    tech 2

FUCAM( フーカム:アジアの近未来客室仕様) プロジェクトとは、EU のホライゾン2020という産学共同プロジェクトの一つで、2025年以降のアジア市場に特化した航空客室仕様デザインのコンセプトを開発することを目的としています。このプロジェクトは、日本とアジアの 二つの主要市場(中国及び東南アジアなど)をターゲットとした航空会社及び旅客がその客室仕様に求めるものを研究分析します。

FUCAM は、3年間にわたる、計8の研究及び産業機関(EU から7機関、日本から1社)からなるEUと日本の共同プロジェクトです。 FUCAM の最大の強みは、新しい客室及び其の仕様をデザインする上で、アップストリームの研究から、エンドプロダクトまでの行程で、各々のメンバーがそのバリューチェーンを担い、また、それは、日欧州共同の主導によって、最良に適合されたものになるでしょう。

What we did

FUCAM researchers dived deeper into the usability of lower deck scenarios and seat design. The holistic cabin concept, composed over the three-year span of the project, provides innovative high density seat layouts and dedicated seat solutions on the main deck, combined with extra offers on the lower deck which is transformed into a passenger zone.

Recent News

29/01/2019
On the 23rd of January, 2019 the FUCAM Consortium was in Tokyo, Japan at the FUKURACIA Tokyo Sta. (Room D) conducting its Final Event. The main aim...
20/12/2018
The FUCAM project is organizing the FUCAM Final Event with main aim to experience future cabin solutions for the Japanese and Chinese markets in year...

This project has received funding from the European Union’s Horizon 2020 research and innovation programme under grant agreement No 690674.

Sign up for our mailing list

Follow us on:

Go to top